精力増強

マカはどのように栽培されているの

滋養強壮に定評のある「マカ」を栽培するには、マカの種を用意するところから始めます。
本物のマカの種は2mm前後と非常に小さく、ここから栄養成分がたっぷり詰まった野菜として育てて行かなければなりません。
種を蒔いてからは半年以上の間、虫がつかないよう、そして正しく育っているかどうかを頻繁にチェックします。

農薬を使用しない無農薬栽培の場合はさらに厳しいチェックが必要になりますが、基本的にペルーでは収穫までの間何も手を入れない方式を採用しています。
この過程でマカは大地の栄養成分をしっかりと吸い上げて成長して行きます。
ちなみに、低地環境が多い日本でマカを栽培する場合は寒暖差・低酸素の環境にできるだけ近づけた栽培を行わなければならず、マカひとつ栽培するにしてもかなりの神経を使うのだそうです。

種を蒔いてから8ヶ月〜9ヵ月後、この頃になると根が大きく育ち、収穫されます。
収穫の際は、マカの中でも葉の周辺を見て、少し枯れ始めて黄色く色づいているものを率先して選んでいます。
何故青々とした新鮮なものを選ばないのかというと、黄色に色づいたものの方が大地からの栄養と太陽の光をしっかり浴びている証拠であり、それだけ栄養も詰まっているからなのだとか。

そうして色ツヤの良いマカだけが選ばれ、残りはマカの種を作るために栽培されます。
収穫用と種栽培用の二種類に分かれるのもマカ栽培の特徴です。
一般的にマカは根の部分を取り出して使います。

葉や茎も食べる事はできますが、薬効があるといわれているのはやはり根の部分が圧倒的です。
掘り起こしの作業は非常に丁寧に行われ、数百人以上の作業員を動員して数ヘクタールの畑を周りながら作業します。
このように、私たちの想像以上の手間ひまがかけられているのがマカ栽培です。

普通の植物よりも気候条件や環境が厳しいため、現地の農家でも栽培にはかなりの神経を使うそうです。
古代から伝統的な栽培方法をかたくなに守っているおかげで、あらゆる製品にマカが活かされているのです。

Copyright(C) 2013 疲労回復サプリメント All Rights Reserved.