精力増強

マカのルーツとは

精力増進や滋養強壮などに効果的と言われる健康食品「マカ」は、今から4000年ほど前のペルーではすでに栽培が始まっていたと言われています。
ペルーの高山地帯では古くから高山病や疲労による疾患に悩む人々が多く、その問題を解決する食材にマカが選び出されました。
紀元前1200年頃には栽培も一般化し、高原や山岳地帯のいろいろな場所が栽培地に選ばれました。

そして時は過ぎ、1100年頃〜1500年代に新たな民族が高山地帯へ移住、今までのマカ栽培からさらに発展させ、マカそのものの知名度もこの頃にアップしたと言われています。
有名なインカ帝国においても、マカを使って取引がされていた記録が残っています。
マカはこのように、特定の民族によって細々と、しかし根気強く栽培が続けられてきました。

元々高山地帯は作物の栽培が難しく、低地では当たり前のように採れる野菜も栽培することができないのですが、マカはそんな荒涼とした場所にもしっかりと根を張って成長しています。
現地の住民によって作りだされたマカには、現在30種類ほどのバリエーションが存在しています。
どれも栄養価が高く、かつその土地に合うよう生み出された品種ですので、ペルー国内では主要な作物として大切に作り続けられています。

我々日本人にとっては、マカは男性が口にするものというイメージが根強いのですが、マカ自体は4000年以上も前から大人子供に関係なく食べ続けられてきました。
年齢に関係がないということは、逆に言えば誰もが健康を維持し、苛酷な環境にあっても力を発揮できるようサポートしてくれる食品と考えることもできます。
「マカ」という名前だけは知っていても、肝心のルーツや歴史についてはあまり知られていないことでしょう。

これから先、サプリメントや健康食品などにマカが使われているのを見たら、ぜひ栄養成分などをチェックしてみて下さい。
古代より人々に愛され、信頼されてきたマカならではの高い栄養価を確認することができるでしょう。

Copyright(C) 2013 疲労回復サプリメント All Rights Reserved.