精力増強

厳しい大地が生んだマカの栄養価

滋養強壮に効くと評判の「マカ」は、アンデス山地の厳しい自然環境の中で育まれて来ました。
実に4000mもの険しい山々がそびえたつアンデス山地では、低地とは違い高地ならではの自然環境が広がっています。
マカが栽培されているのは、「ボンボン高原」という広大な高原地帯です。

日本の高原と違って日中と夜の寒暖差が大きく、20度以上もの開きが出るため普通の野菜や果物などは栽培できません。
また、高地ならではの強い直射日光に晒されるため、十分な水がなければ植物はすぐ枯れてしまいます。
日本なら定期的に雨が降って植物も成長できますが、アンデスでは雨量がそもそも少ないため、植物たちは土壌から水を吸い上げなくてはなりません。

しかし、日光によって土壌からも水は奪われているため、成長できる作物は非常に限られています。
そのような苛酷な環境にあっても、マカは9ヶ月ものあいだ辛抱強く成長を続けます。
土壌に眠るミネラルなどを吸い上げ、気候条件に合わせながら収穫される時期を待ちます。
種をまいてから9ヶ月が過ぎた頃になると、数百人規模の作業員を動員して上質なマカだけが選び出され、加工などのために収穫されていきます。

そのようにして選び抜かれたマカのみが私たちの手元に製品となってやってくるのです。
日本では「マカ」というと、サプリメントや粉末など健康食品として用いられているため、元が植物であることを知っている人は意外に少ないかもしれません。
上記のように非常に厳しい大地で育ったマカは品質も良く、栄養価も豊富で私たちの生活に活力を与えてくれるパワーを持っています。
日本国内においてもマカの栽培が開始され、徐々にノウハウなどが蓄積されているようですが、日本にはアンデス山地のような荒涼とした高原地帯は少なく、気候条件も全く異なるため、同じマカを作ろうとしても簡単にはいきません。
つまり、本場ペルーの産地で収穫されたマカこそがもっとも豊富な栄養を有しているのです。

Copyright(C) 2013 疲労回復サプリメント All Rights Reserved.